|| 菊芋・エキストップへ || 菊芋・エキス商品案内及びご注文 || お客様の声 || 特定商取引法 || お問合せ ||

菊芋の精
今スグ、お電話ください!
0120−1024−41
ご案内
icon
はじめての方へ
icon
店長の体験と
ご挨拶
icon
菊芋Q&A
icon
飲み方と保存方法
icon
菊芋のしずくの成分
icon
研究と実績
icon
店長のこだわり
icon
商品のご案内
icon
リンク集
icon
お客様の喜びの声
ご注文
icon
ご注文の流れ
icon
オンライン注文
icon
FAX注文
icon
お支払いについて
icon
お届け方法・納期
icon
返品・交換窓口
icon
特定商取引法
icon
プライバシー保護
知っておく情報

液体と錠剤と粉末どれがいいのですか?


菊芋屋の菊芋エキスなぜ液体なのでしょうか

その部分に答えが隠されているのです。


菊芋製品には、錠剤や粉末、顆粒などの菊芋を固形物質にしている商品が多く出回っています。

所でハンバーグ作りを想像してみてください。

牛ミンチだけで作っていません。卵やパン粉などのつなぎを入れて型崩れしないように固めています。 

サラサラの粉末を固めるためには、やはり、何かつなぎになるような別の材料をまぜないと固まらないのです。

また、つなぎに使われる分量は、どのくらいの量なのでしょうか?
全体の何パーセントが混ぜ物なのでしょうか?
 
粗悪な品物のばあい全体の70%もつなぎだったということもあるようです。

さらに、固体の物質を、粉末や錠剤にするのです。熱や圧力、外的要因によって菊芋エキスの成分が破壊され死滅するとしても防ぎようがありません。

ですから、はっきりいって成分が生き残る可能性は低いと思われます。
それでも、錠剤や粉末が良いですか?

さらに、もうひとつ理由があります!

それは、体に対する吸収力です。

液体と錠剤のような固形成分は、人間の身体の中で吸収される過程がかなり異なるのです。

固形の物質(錠剤やカプセル)になりますと、必ず水やお湯などで飲み込むしかありません。
必ず水分が必要なのです。


さらに、錠剤やカプセルでは、口の中や食道には、菊芋エキスが一切触れることなく、直接、胃まで運ばれます。胃の中にはいってやっと溶け、胃より下部の十二指腸から錠剤や顆粒が働き始めます。

液体ではどうでしょうか。口の中に含んだ時点から菊芋エキスは人のからだに触れていることになります。錠剤やカプセルより、はるかに多くの時間を、菊芋エキスは体内で過ごしているのです。

人間のからだは実に不思議です。

約20年程前に、栄養物質が口の中の粘膜(特殊輸送機構)で吸収されていることが発表されています。

つまり、口の中からも吸収されるのです。口腔粘膜と舌下粘膜という部位から吸収されるのですが、液体の菊芋エキスは、口の中からも吸収されることになります。

人体のあらゆる部分から、余すことなく効果的に吸収する。液体の菊芋エキスにしかできないことです。

最近、くすり屋さんにおいてある胃薬や栄養剤を見たことがありますか?

くすり屋さんのお店の人に「今すぐ効く胃薬ありますか?」と、たずねると必ずアンプルになった液体のものを薦めてくれます。

なぜならば、錠剤や粉末より、液体のほうが圧倒的に吸収率が良く、早く効果があらわれるからです。やはり薬の効果も吸収力によって違ってくるのです。

効果的に菊芋エキスや栄養素を吸収するのは、やはり液体の方が優れているのです。


|| 菊芋・エキストップへ | 菊芋・エキス商品案内及ご注文 | お客様の声特定商取引法 | お問合せ ||