|| 菊芋・エキストップへ || ご注文ページ || 特定商取引法 || お問合せ ||

菊芋の精
今スグ、お電話ください!
0120−1024−41
ご案内
icon
はじめての方へ
icon
店長の体験と
ご挨拶
icon
菊芋Q&A
icon
飲み方と保存方法
icon
菊芋のしずくの成分
icon
研究と実績
icon
店長のこだわり
icon
商品のご案内
icon
リンク集
icon
お客様の喜びの声
ご注文
icon
ご注文の流れ
icon
ご注文はこちら
icon
FAX注文
icon
お支払いについて
icon
お届け方法・納期
icon
返品・交換窓口
icon
特定商取引法
icon
プライバシー保護
知っておく情報
icon
糖尿病と予備軍
の人
icon
糖尿病Q&A
icon
血糖値とイヌリン
icon
良い医者を探そう
今スグ、お電話ください!
0120−1024−41
ご案内
icon
はじめての方へ
icon
店長の体験と
ご挨拶
icon
菊芋Q&A
icon
飲み方と保存方法
icon
菊芋のしずくの成分
icon
研究と実績
icon
店長のこだわり
icon
商品のご案内
icon
リンク集
icon
お客様の喜びの声
ご注文
icon
ご注文の流れ
icon
オンライン注文
icon
FAX注文
icon
お支払いについて
icon
お届け方法・納期
icon
返品・交換窓口
icon
特定商取引法
icon
プライバシー保護
知っておく情報
icon
糖尿病と予備軍
の人
icon
糖尿病Q&A
icon
血糖値とイヌリン
icon
良い医者を探そう
今スグ、お電話ください!
0120−1024−41
ご案内
icon
はじめての方へ
icon
店長の体験と
ご挨拶
icon
菊芋Q&A
icon
飲み方と保存方法
icon
菊芋のしずくの成分
icon
研究と実績
icon
店長のこだわり
icon
商品のご案内
icon
リンク集
icon
お客様の喜びの声
ご注文
icon
ご注文の流れ
icon
オンライン注文
icon
FAX注文
icon
お支払いについて
icon
お届け方法・納期
icon
返品・交換窓口
icon
特定商取引法
icon
プライバシー保護
知っておく情報
icon
糖尿病と予備軍
の人
icon
糖尿病Q&A
icon
血糖値とイヌリン
icon
良い医者を探そう
合併症の恐ろしさ

合併症

糖尿病には神経障害という合併症があります。抹消神経が障害を起こしますが、発刊作用をつか どる自律神経も障害を起こすので、"暑くても汗が出ない"わけです。逆に暑くないのに汗が出る

ことがあるようです。痛みはとくに眠りに付くときに感じるようですが、これは末梢神経障害の冷えの次にくる症状です。

例えば、指を輪ゴムできつく縛ってみてください。最初は指先が冷たくなりますが、そのうちに痺れが始まり、そしてピリピリと痛みが生じます。この状態を長時間放置しておくと、

やがて指先は腐って落ちてしまいます。
糖尿病の末梢神経障害も同様の格好で進行します。最初は冷え、ついで痺れて、そして痛みが始まります。

痛みがやがて眠れないほどに強く、激しいものになります。その後に訪れるのが足のエソ状態で、エソが進行したために、足を切断したという話をみなさんも聞いたことがあるはず

です。通常、合併症は足から感じられる方が多いようです。
血行不良になると健康な人に比較すると驚くほどに強く冷えを感じるようになります。

そのために、夜、ふとんに入っても足が冷たくてなかなか眠れません。私も経験しましたが、私はよく足をさすってあげました。夫と同様のことを大抵の人がしているようです。逆に熱っぽくてほてって我慢できないこともあるようです。


だんだん体がだるくなる

足の末梢神経障害については、様々な人から色々な話を聞いています。例えば、素足でいるのに、まるでストッキングを履いているようだとか、ジンジンするとか、足の中に虫がいるようだと

いう症状です。また痛みの話も色々と耳にしています。痛みは夜になると強くなり、特に安静時に痛みが増してくるようです。そのために眠りたいのに眠れないという辛い夜を過ごさなければなりません。


自立神経障害

自律神経障害はそれを患っている本人にとっては非常に辛く大変なことです。
一番辛いのは、便意や尿意を感じないために、失禁することです。大人がこの障害のため

に、職場で失禁したという胸が痛くなるとような話を聞いたことがあります。また、胃腸や心臓の働きが悪くなるという症状が現れる場合もあります。

母親が糖尿病で死亡、そして本人も糖尿病に

母親が糖尿病で亡くなったという女性の話をご紹介しましょう。彼女は自分も母親のように糖尿病になるのではと、恐れていましたが、体質遺伝もあり、やはり発病しました。


現在、発病から二十年余りが過ぎましたが、その間ずっと病院に通い、今はインシュリン注射を一日二回行っています。

私が彼女にお会いしたのは、夏の盛りのとても暑い日でしたが、そのとき彼女は私に"自分は暑い日でも汗をかいたことがない"と言いました。みなさん、どうしてだろうと思われるかもしれませんが、

糖尿病は血管の病気とも言われ自律神経にも障害を来たし、糖尿病を発病すると血管に異常が始まります。異常は、細い血管から詰まり始め、障害は徐々に太い血管へと進みます。

ですから、動脈硬化の進行が健康な人よりも早く、その結果、血流が悪くなり、新陳代謝も衰えます。
彼女は「暑い日に汗が出ないのは辛い」と話していましたが、疲れやすく、長い時間歩くこ

とが苦手で、すぐに休みたくなるそうです。彼女の場合、一番の苦痛は足の抹消神経障害による痛みでした。針で刺されるような痛みが両足にあるそうです。


看護でクタクタのになる

足の末梢神経障害による痛みで夜眠れなくなるということを先ほど述べましたが、これは痛みで苦しむ婦人の話です。

足の痛みで苦しむご主人を、奥さんが眠らないで看護をして、ずっと足をさすってあげるそうですが、つい眠気に負けた奥さんがウトウトすると、ご主人は奥さんを蹴るそうです。

こんなことが毎晩繰り返されていると思うだけで私は胸がキリキリと痛みます。
ある日、その老夫婦のお宅を訪ねたことがあります。北風の吹く寒い季節の訪問でした

が、部屋に案内されて驚きました。老人の両手両足には分厚い手袋と足袋で覆われています。その上、手袋と足袋の中には携帯用のカイロが入っていました。たぶん冷えを感じるからでしょう。

私が、そうすると少しは楽ですか?そう尋ねると、いや、いくら暖めても駄目だ。とくに夜は辛い。痛みで眠れないと老人は嘆きました。

老人は二十一年前に糖尿病だと分かったそうですが、病気になった後も生活態度は変わらず、友人の医者から「気を付けるように」と何度も注意されたそうですが、やはり気にもとめなかったようです。

その結果が今の状態だと悔やんでいました。まさに後の祭といったところでしょう。
痛みで眠れない夜は神経ブロックの注射をするようですが、それも今ではあまり効果がないようです。

こうなると、まるで苦しみと闘うだけの日々です。
合併症が進行すると、何をすることもできません。ただ、悪くなるのを傍観するだけです。私が訪問した老人ももっと早くに気付いてくれていたらとつくづく残念で仕方ありません。

副作用で肝臓も悪くなる

とても辛い例ですが、糖尿病の薬には食物の消化を緩やかにしたり、消化を妨げて血糖が上がるのを防ぐ薬があります。たぶん、みなさんの中にはその薬を飲まれている人がおられると思われますし、

私の夫も医者に勧められたことがあります。
医者は「この薬は副作用で肝臓を悪くすることがある。そのために肝機能の検査をしながらでなければ飲めません」そう言いました。

その言葉で私の夫はその薬を飲まないことにしています。自分で頑張って血糖値を下げるようにしようと決心してがんばっています。

しかし、私の知人はその薬の副作用で肝臓を悪くして入院しました。病状は相当に悪く、薬を出し続けた医者の無責任さに腹立たしさを感じました。知人は糖尿病よりも肝臓の病気で苦しんでいるわけですから、

やはり残念でなりません。こうなる前に薬を変えたり、インシュリンにするなどの方法があったのではないかと思います。彼は今も絶対安静の日々が続いています。


眼底出血で糖尿病が見つかった。

Eさんは、眼底出血によって糖尿病が見つかった人です。以前から足が痺れたり、疲れやすかったり、身体がだるい日々が続いていたそうですが、糖尿病のことを知らないEさんには、そんな身体の赤信号には無頓着でした。

突然の眼底出血で手術してからは、夜間の車の運転ができなくなった上に、昼間の仕事も無理がきかなくなり、とうとう仕事を辞めました。

その後、療養を続けて九・九だった長期血糖値を八ヶ月かけて四・九にまで下げることに成功しましたが、

それでも合併症の進行は抑えられませんでした。Eさんはもともと血圧が高かったようですが、さらに高くなり、とうとう人工透析をしなければならなくなりました。

Eさんのように、ある段階まで合併症が進むともう止めることはできません。

母親の病気を気遣う娘さん

お母さんの糖尿病を心配している娘さんの話も、手遅れかと思える内容でした。彼女の母親は目の手術を何度も繰り返していますが、それにも関わらず今はほとんど見えなくなっているそうです。

外出も難しく、毎日家の中で過ごしており、夜は足が痛んで眠れないようです。糖尿病もここまで悪化するとどうすることもできません。

自覚不足だった叔父

義理の叔父の口癖は、俺の糖尿病は軽いで、食事制限もとくにしていませんでした。それどころか、焼鳥を三十本も食べたことがあったようです。

外観もまったく元気そうで、とくに不自由もなく暮らしていました。ところが、ある日の朝、目が覚めると目が見えなくなっていました。失明してからは家の中の暮らしが始まり、外出の機会も減り、

運動量も少なくなり、三年後には亡くなりました。目などに障害が起こると、気力が失せ、長くは生きられないようです。

糖尿病による失明ですが、多くの場合、病院で治療を受けていない人が失明しています。きちんと眼科に通院していれば失明することはないと言われています。

糖尿病にかかると、目の他に腎臓と神経が冒されますが、これを糖尿病の三大合併症と言います。目と腎臓の神経にどうして重い合併症が起こるのか、その原因が分かってきています。

目と腎臓、神経にはアルドース還元酵素が身体の他の場所よりも多くあります。この酵素が多くあるところに重い合併症が起こることが分かりました。アルドース還元酵素の働きを抑えることが可能になれば、合併症が防げることも分かってきました。

|| 菊芋・エキストップへ || ご注文ページ || お客様の声 || 特定商取引法 || お問合せ ||