●商品のご紹介 ●お支払方法 ●ご注文はこちら●


天然・菊芋の精エキス には53種類以上の植物酵素、ビタミン、
必須アミノ酸、ミネラル、を含有!

ほっとけない!! 更年期 障害! 
わたくしは菊芋の精エキスを飲んで、元気 バリバリ

更年期障害
の症状はもっとも多いのは、ほてりや発汗、肩こりや頭痛、イライラやゆううつ
といった卵巣機能低下(女性ホルモンの減少)によるものや、自律神経失調による症状です。
しかし、これらの症状は個人によって現れ方や強さはまったく異なります。

更年期障害は、ほぼ半数の女性に現れるといわれています。のぼせや発汗などの症状はちょっとしたきっかけで起こり、しかし、間隔は段々と毎日の様に発作的みたいに起こりだします。

閉経期から老年期に入ってホルモンが安定し、また間脳にある自律神経の中枢や、心理面でも安定することにより、通常は数年で更年期障害は消失していきます。このように、更年期障害は45歳ころから始まり55〜59歳ころまでの間に現れる不定愁訴[ふていしゆうそ]を主とした諸症状を指します。

更年期障害が性機能の低下により起こることから、治療は卵胞ホルモン(エストロゲン)の補充が主となります。特に発汗、ほてり、顔面紅潮などの血管運動神経系の障害や、性器出血や性交障害などの内分泌器系障害[ないぶんぴつきけいしようがい]に対しては、ホルモン補充療法がよく効きます。

ココ → 更年期障害度チェック
 
更年期を詳しくしることは、あなたの悩みを解決する早道です。
このページは更年期が気になる方のみご覧ください。
男性 更年期症状が強く出るのは
どんなタイプ
更年期障害 予防更年期を乗り切るために
自律神経失調症 検査で異常なし検査で異常なしの「病気」! 自律神経自律神経ってどんな神経! 交感神経と副交感神経の役割自律神経失調症 交感神経 副交感神経
更年期障害と自律神経失調症※自律神経失調症の主な症状 自律神経失調症 家族はもっと理解を家族はもっと理解を! 4タイプの自律神経失調症
自律神経失調症の治療法 こころのお話! あなたの家族は大丈夫! 
更年期障害 更年期って何!

女性ホルモンの分泌が急激に減少し、ホルモンバランスが乱れるために起こる
更年期障害

女性ならだれでも経験するごく自然な体の変化ですが、女性としての喪失感や不調などに悩む人も少なくないようです。周りの人の理解も得ながら、この時期を上手に乗り切っていきましょう。

更年期障害 閉経女性の体は年齢とともにどう変化するの?

初経と閉経は女性の人生の2大ポイント
更年期を迎えると「これで老化の一途をたどる」「もう、女性でなくなってしまう」などと悲しむ女性がいます。

 更年期は卵巣の働きが終えるだけで、女性の新たな人生のスタートです。

 女性の体には40種類以上のホルモンが働いてます。

 心身のバランスよく機能するためにいろいろな働きをしています。

 若年性更年期障害女性のライフサイクルはホルモンの変化によって、小児期、思春期、成熟期、更年期、高年期(老年期)の5つに分けられます。

 
「小児期」は卵巣がまだまだ未熟なため、女性ホルモンはごく少量しか分泌されませんが、10〜12歳ぐらいになって卵巣が発達すると女性ホルモンの分泌が増加し「初経」を迎えます。

でも、まだ卵巣の機能は完全ではないため
「思春期」の初期には月経不順や月経痛に悩まされたり、心身のバランスがとれず、心が揺れ動いたりします。

徐々に卵巣機能が成熟して排卵が起こり、女性ホルモンが活発に分泌されるようになると
「思春期」の後期「成熟期」には、妊娠・出産が可能になります。

30代後半〜40代前半になると、卵巣機能が徐々に低下し始め、50歳前後に
「閉経」を迎えます。

この閉経をはさんだ前後10年を
「更年期」といい、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するために、月経異常やのぼせなど、さまざまな症状が出ます。この中で日常生活にさしつかえるようなものを「更年期障害」といいます。

でも、更年期を迎えたからといって、日常生活に支障をきたすほどの強い症状がすべての女性に起こるわけではありません。 

更年期を過ぎると「高年期」に入ります。卵巣からの女性ホルモンの分泌は閉経のころ、急激に減少しますが、副腎から女性ホルモンが少量分泌され、女性ホルモン不足を少し補ってくれます。

更年期障害症状 このように更年期は女性の体のごく自然な変化の一過程といえます。

ただ、初経と閉経は女性ホルモンがもっとも大きく変化する時期なので、体が慣れるまでに時間がかかり、心身に変調を起こしてしまうのです。

卵巣の機能が停止した状態に体が慣れたら、更年期の変調もおさまり、その後は多少の症状はあっても安定した時期を迎えますので、安心してください。更年期はよりよい高年期を迎えるための準備期間でもあるのです。

ページトップへ
更年期障害 更年期はいつごろから始まるの?

40代半ば、月経異常が続いて気づく人がほとんど

 更年期が始まる年齢には個人差がありますが、最も多い閉経年齢が50歳ですから、45歳前後がひとつの目安となります。

閉経年齢が早いか遅いかは、遺伝的要因や初経が早かったから閉経も早いなどということとまったく関係ありません。ただ、患者さんを診ていますと、離婚や仕事のストレスなど、環境因子によって40歳より前に閉経を迎えるケースもあります。

 40代前半の女性は自分がいつごろ閉経を迎えるのか、不安かもしれませんね。閉経の徴候として最も多いのが月経異常です。月経周期が早まったり、遅れがちになったり、間隔がばらばらになったり、月経の持続日数も2〜3日のときもあれば、2週間も続くケースもあります。月経量は減る人もいれば、増える人もいます。

 40代半ばになって、月経異常が続いたら「そろそろ更年期に入ったかな」と考えてよいでしょう。ただし、子宮がんによる不正出血なのか、子宮筋腫、甲状腺や下垂体の病気による月経異常なのか区別がつきませんから注意が必要です。

 更年期症状月経異常と前後して、突然に顔がカーッと熱くなったり、手足の冷え、発汗、動悸、不眠、イライラなどの症状に悩まされる人も多くなります。 

更年期障害 
なぜ、いろいろな症状が出るの?

自律神経が乱れ全身に影響を及ぼすため、閉経が近くなって「エストロゲン(卵巣から分泌される女性ホルモン)」の分泌量が急激に減少すると、エストロゲンを以前のように分泌させようと、下垂体から「卵胞刺激ホルモン(エストロゲンの分泌を促すホルモン)」がたくさん分泌されます。

更年期障害と自律神経失調症この2つのホルモンのバランスが乱れることによって自律神経のバランスも崩れやすくなり「

自律神経失調症(自立神経)って何? 

自律神経(自立神経)失調症の特徴。自立神経失調症の治し方、自律神経について説明します。
自律神経を自立神経と表していることもあります。
 自律神経 失調 症 カウンセリング 自律神経失調症(自立神経)でお苦しみの方に
解決の為の情報をお教えするサイト
日本人の10人中6人が自律神経失調症の予備軍って知ってました?
自律神経失調症 検査検査で異常なしの「病気」 自立神経失調症 治療法自律神経ってどんな神経 自律神経失調症 漢方交感神経と副交感神経の役割自律神経失調症 交感神経 副交感神経
自律神経失調症 症状自律神経失調症の主な症状 自律神経失調症 サプリメント家族はもっと理解を! 自律神経失調症 診断4タイプの自律神経失調症
自律神経失調症 治療自律神経失調症の治療法 自律神経失調症 改善こころのお話 自律神経失調症 治し方 あなたの家族は大丈夫!
自律神経失調症 ストレス チェック自律神経 失調 症 チェックストレス度チェック
あなたの現在のストレス量はどのくらい
自律神経失調症 チェック自律神経失調症 ストレス 耐性度ストレス耐性度 
あなたはストレスに強いほうそれとも弱い方
自律神経失調症 チェック自律神経失調症とうつ テストうつ度チェック
あなたのうつ状態をチェック
 自律神経失調症 更年期自律神経失調症と更年期障害更年期障害度 チェックテスト
自律神経失調症 検査 自律神経失調症、検査で異常なし「不思議な病気」自律神経失調症 症状
 自律神経失調症 症状  自律神経失調症、検査で異常なし「不思議な病気」
 病は気からとよく言われます。現在はストレスから体の不調を訴えている人が本当におおいですね。

そ・し・て、自律神経失調症という言葉をよく聞きます!

「なんとなく頭が重たい」「めまいや吐き気がする」「気持ちがふさぎ体がだるい」「理由もなく夜不安で眠れない」「朝早く、目が覚めるともう眠れない」「手足が冷えて、体がだるい」「将来に夢も希望もない」など、訴える人があなたの周りにいませんか?

これが、自律神経失調症の特徴なのです。

このような不調は、病院で検査をしても原因となる異常が見つからなく、原因が分からないから自律神経失調症の薬もこれといったものがないのです。

そして、原因不明の症状の場合は、
お医者様は、「あなたは自律神経失調症ですよ」と患者さんによくいわれます。
自律神経失調症は、診察上便利な病名なので簡単に使われます。

患者を納得させるための便利な病名なのです。
患者さんは原因が分からないから、よけいに不安になってくる。
不安になるからよけいにストレスがたまり、悪循環が始まるのですね!

これが検査で以上なしの病気の実態です!

 自律神経自律神経ってどんな神経自律神経失調症 原因
 自律神経失調症 治し方 神経は大きく「体性神経」と「自律神経」に分かれます。

「体性神経」というのは、自分を動かすときに自分の意志で体を動かすための神経なのです。

「知覚神経」「運動神経」というのがあります。
食事や運動をするときに自分の意志によって働くものなのです。

「自律神経」は、人が自分の意志とは関係なく各器官の必要に応じて働くものです。
食べものが口から入ってくると、胃や腸がひとりでに動き出したりします。

気温が高くなると、自然に汗が出てきたりするのも、自律神経が自動的に働くからです。
呼吸は、自律神経によって睡眠中も続けられるのですが、自分の意志によって止めたり深呼吸したりすることもできます。

この、二つの神経がバランスよく働くことによってからだが正常にはたらきます。

食べ物を消化、吸収するために胃や腸などの器官を動かし、暑くなると体温を調整するために汗が出てくるのも、緊張すると鼓動が早くなるのも、必要な時に働くのが自律神経(自立神経)なのです。

自律神経(自立神経)は人が生命を維持するために大切な働きをしているのです。
自律神経(自立神経)は、「交感神経」と「副交感神経」という2つによって働いているのです。

「交感神経」は、緊張する時、活発に働く神経で、体をエネルギー消耗状態にし、「副交感神経」は休息・体力を回復する時に働く神経でエネルギーを保存・回復させます。

これら2つは絶妙なバランスで働いているのです。

主に、交感神経は昼間に働き、副交感神経は夜になると休息のために働き始めるのが正常な状態。夜更かしばかり続けると、2つの神経の切り替えがうまくいかなくなって、体全体の調整がうまくいかない状態が始まります。

この状態が自律神経失調症のはじまりです。
自律神経はホルモン分泌とも深い関係があり、更年期の女性には自律神経失調症になりやすいと言われているのです。気をつけましよう。


このページの頭に戻る

                        注文はこちら ご注文はこちら 注文はこちら
 自律神経失調症 チェック 各器官の交感神経と副交感神経自律神経失調症 交感神経 副交感神経
自律神経失調症 役割役  割  自律神経失調症  私たちの体は、交感神経と副交感神経による、2つの神経の絶妙なバランスにより毎日の健康が保たれています。
交感神経は、緊張活発型の神経で、副交感神経は、休息、体力回復型の神経です。

人は昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働くのが正常な状態です。
もし、2つの神経のバランスが崩れたらどうなると思いますか?
器官 交感神経 副交感神経
瞳孔 拡大させる 縮小させる
唾液腺 量が少なく、濃くなる 量が多く、薄くなる
気管支 抑制する 収縮する
心 筋 増加する 減少する
心拍数 増加する 減少する
冠動脈 拡張する 収縮する
血圧 上昇する 下降する
胃腸の働き 抑制する 促進する
消化液の分布 抑制する 促進する
膀胱 弛緩する 収縮する
陰茎 血管が収縮する 血管が拡大する
子宮 収縮する 弛緩する
白血球数 増加する 減少する
呼吸運動 促進する 抑制する
 自律神経失調症 症状自律神経失調症の症状
自律神経失調症 頭 頭 頭痛がする。頭が重い、
自律神経失調症 目 目が痛い、目が疲れる、涙目になる、目が開かない
自律神経失調症 耳 耳鳴りがする、耳が詰まった感じ
自律神経失調症 口 唇が乾く、何を食べてもおいしくない、口の中が痛い
自律神経失調症 喉 喉が詰まった感じがする、喉の奥に異物感がある、喉がイガラッポイ、圧迫感
自律神経失調症 呼吸器呼吸器 息苦しい、息切れ、
自律神経失調症 循環器循環器系 動悸、胸部圧迫感、めまい、たちくらみ、のぼせ、ひえ、血圧の変動がある
 自律神経 失調 症 胃 吐き気、腹部膨張感、胃のもたれ
自律神経失調症 腸 下痢、便秘 ガス
自律神経失調症 泌尿器泌尿器 頻尿になる、尿が出にくい、残尿感がある、
自律神経失調症 インポテンツ生殖器 生理不順、陰部のかゆみ、インポテンツ
 自律神経失調症 筋肉痛筋肉・関節 肩こり、関節のだるさ、力が入らない
自律神経失調症 しびれ手・足 しびれ・感覚異常、冷え、ほてり、多汗、かゆみ
自律神経失調症 うつ病精神症状 不安感、イライラ、集中力低下、意欲低下、記憶力低下、うつ状態
このページの頭に戻る
 自律神経失調症 漢方 なぜ、自律神経のバランスをくずすのか? 
 自律神経失調症 原因  心身の緊張

イライラやストレスなどによる心身の緊張が続くと、交感神経が活発になり、それとは逆に、リラックスさせる為の副交感神経が働きを低下してくるのです。

はじめのころは動悸、息切れ、肩こりといった症状がでてくるのですが?
次第に食欲不振、下痢と便秘を繰り返すなどの状態が現われてきます。

この状態をそのまま放っておくとね。
ますます全身に現われる症状が強く、多種多様になってくるのです。

 ホルモンとの関係

自律神経の働きをコントロールしている中枢は脳の視床下部という所です。

ここはね…、同時にホルモン分泌の中枢という役目があります。そのために、自律神経のバランスが崩れるとホルモン分泌にも影響がでてくるのです。

だ・か・ら、更年期の女性にみられるホルモンバランスの乱れは、のぼせ・ほてり・冷感・急な発汗などの自律神経系の体温調節障害に関係してきているわけなのです。

 生活のリズム

人間のカラダはおよそ12時間交代で交感神経と副交感神経がそれぞれ働く立場が入れ替わります。
夜更かしをして脳を休めることが出来ない状態が、つづくと交感神経が働き過ぎて副交感神経の働きが低下し、夜眠れない状態を引き起こすわけなのです。

翌日に、起床していつまでも「ボーッ」とし、副交感神経から交感神経にスイッチが入らない状態が続くと脳の働きが鈍くなります。

そして、ようやく頭が夜に冴えてくるともう夜寝る時間。そして寝る時間がまた遅くなり・・・という悪循環が始まる事になるのです。


このページの頭に戻る
 自律神経失調症 症状 自律神経失調症の4つのタイプ自律神経失調症 診断

低血圧 自律神経失調症 本態性型自律神経失調症
生まれつき自律神経の働きが乱れやすい人で、低血圧、虚弱体質、体力に自信がない人に多いです。
 
 自律神経失調症 癒し 神経症型自律神経失調症
心理的なことから、自分の身体の不調に敏感な人がなりやすく、身体的な不調が多くみられる場合に神経症ではなく自律神経失調症と診断されます。

 自律神経失調症 チェック 心身症型自律神経失調症
感情や疲労などの日常生活のストレスを無理に抑えることが原因で、約半数がこのタイプです。様々な症状があらわれ、検査にもなかなか原因が見つかりにくいのが心身症型自律神経失調症の特徴です。

 自律神経失調症 うつ病 抑うつ型自律神経失調症
ストレスの慢性的な蓄積などによるうつ反応で、抑うつ気分が身体の症状に隠れて発見されない状態だと『うつ』に対する適切な治療が行われないことによる抑うつ型といわれるうつ症です。
 自律神経失調症 サプリメント こころのお話

自律神経失調症 治療法 
皆さん、人の心って何でしょうか?

ストレス、自律神経失調症で悩んでいる人は、「胸が苦しいとか、胸が重たい、張り裂けそう」と言います。

家族にその様な方はいませんか?

僕は、ストレスで苦しんでいる人によくゴム風船の話をします。
こころをゴム風船にたとえると……こころというものがわかりやすいものです。

大きいゴム風船、小さいゴム風船、硬いゴム風船、やわらかいゴム風船などいろいろあります。

あなたのこころはどのくらいゴム風船ですか、かたさは、大きさは?
自分の心の風船がどのくらいの大きさをイメージしてください。

風船は、空気がはいってこそふくらむものですね。ガスが入ってないとしぼんだ状態です。

こころは適度にストレスというエネルギーがあってこそ、こころは「よし、やるぞ」と元気が出るものです。

では、こころの風船におもいっきりストレスという空気を入れてください。
割れんばかりにふくらんでいる状態をイメージしてください。

思いっきり、こころの風船は、パンパンになって割れそうな状態をイメージしてください。
 
ストレスがこころにいっぱい入りすぎると、「こころが叫びはじめる」ものです。
こころが「くるしい、やすみたい、にげだしたい」などなど……。

この状態が、自律神経失調症とか、うつ病の状態のはじまりです。

ところで、日本語によく「息抜き」とか「息が詰まる」という言葉があります。
この「息」をストレスだと思ってください。

息抜きがうまい人は。パンパンになったこころの風船を、ガス抜きをして柔らかい風船に戻す事が出来るのです。
息抜きの下手な人は、いつもこころの風船が張り裂けそうな状態で、こころの風船の苦しさを自分の身体にあらわしてくるのです。

それで、夜眠れないとか、胃が痛いとか、ご飯がおいしくない、生きる気力も無いなど、いろんな自律神経失調症とかうつ症が表われるものです。

こころって、自分だけど自分ではなかなかコントロールできないものです。
こころがコントールできないから、自律神経失調症になってくるのですね

だ・け・ど…!!自分のこころがコントロールできると、すごい事が起きることを少しお話します。
 
アメリカにイメージ療法というもがあって、末期がんと宣告された患者に、心の中に「元気になる自分、明るい笑顔で楽しく生きて生活している」イメージを描くように訓練させたのです。

こころにイメージが浮ぶようになると、今度は自分の体内にいるがん細胞を強くイメージし、そのガン細胞が死んでいくイメージを強く描き、よい細胞が増えていくイメージをつよく描くように訓練したらしいのです。

その結果、がん細胞が死滅して行ったそうなのです。 こころって本当にすごいですね。

自分の心の力で、自分の病も癒していくなんて本当にすごい事だと思いませんか!
人のこころというものには、良い方に思えばよい結果を達成する。
悪い方に思えば悪い結果を達成するものなのですよ!

あなたは、明るく元気でいるためにも、こころは楽しい状態で、いつもいたいものです

もし家族のかたにこころが苦しいって言っていたら心のことを少し教えてあげてください。
心の中では明るく楽しく過ごしている自分をいつも想像するようにアドバイスしてあげてください。

「将来の自分を幸せで、明るく、楽しい生活を過ごしている」とつよく、つよく想像してくださいね!
それが、自律神経失調症からの脱出方法の早道です。

                          注文はこちら ご注文はこちら 注文はこちら
  自律神経失調症 子供 家族はもっと理解を自律神経失調症の苦しみを家族に分かってもらえないつらさ
自律神経失調症症状 自律神経失調症というのは、とらえどころのない症状なので本人は深刻でも、家族にはこの苦しさをなかなか理解してもらえません。

「もっと努力しなさい「あなたがわがままよ」とか「我慢しなさい」の一言でかたづけられる事がしばしばで、自律神経失調症の自分の症状を家族にうまく説明することが出来きません。

本人はますます苦しみ、医師に対しても自分の症状をうまく訴えられないことがよけいに苦しみを増大させていきます。

そして、自律神経失調症は精神的、肉体的に辛くなり、ますます状態が悪くなってきます。

場合によっては、自律神経失調症によって精神的に追い込まれ、自殺にまで発展する場合があるほどなのです。家族の方は、やさしく接してあげて話しを聞いて差し上げてくださいね。
家族の方が本人の自律神経失調症の苦しみを解決できるのです。

よく話を聞いて上げて、心休まる環境を作ってあげてください。
本人も家族もきちんと苦しみを理解し、毎日の生活に気をつけていけば、自律神経失調症の症状の改善も可能です。

心身のバランスはきわめて重要で、精神的な安定を得る事が自律神経失調症を解決でき、健全な日常に結びつくわけです。

このページの頭に戻る 
 自律神経失調症 治療 自律神経失調症の治療方法自律神経失調症 改善
 自律神経失調症 改善  一般的に 症状・タイプなどにより、こころと身体の両面同時に働きかける治療法、生活環境を整えるなどを行う必要があります。

体質・性格・生活スタイルの歪みにも注目して見直し改善することが必要でしょう。

自律訓練法、瞑想法など、イメージトレーニングやセルフコントロール自律神経失調症 治療

カウンセリングなどの心理療法催眠療法自律神経失調症 チェック

・ 指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなどの理学療法

・ 音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法自律神経失調症 診断

・食事療法(プロゼロニン、スコポレチン、セロトニン摂取)

・ 自己管理によるライフスタイルの見直し
生活のリズム、食事、睡眠、運動、心にゆとりを持つ、ストレス耐性の強化、感情処理・・・など
ページトップへ

自律神経のバランスを調えるために

自律神経失調症 運動 ・適度に運動

適度にカラダを動かすことにより、心身の緊張状態が解かれ全身の血液循環が良くなります。

仕事や家事の合間に軽い体操をして、悪い姿勢を取り続けないように気を付けましょう。
特に寝つきが悪かったり眠りが浅い人は、軽い体操を毎日の習慣にしてみては。

 自律神経失調症 改善・規則正しい生活

昼と夜が逆転した生活をしていませんか?体内時計は日中はカラダを動かし夜はカラダを休めるようにセットされています。

この体内時計を正しく動かすために三度の食事を決まった時間に取り、胃腸を定期的に動かし一定のリズムをカラダに覚えさせると良いでしょう。

特に便秘や下痢など消化器系が気になる人は見直してみましょう。

自律神経失調症 趣味・趣味を持つ

趣味を持ち毎日の生活を楽しみましょう。

何かに熱中している時は不思議とカラダの不調を忘れているものです。
スポーツで汗をかいたり習い事を始めるのも良いでしょう。目標を持って少しずつステップアップしていくとやり甲斐が生まれてきますし、ストレスの解消にも繋がります。

自律神経失調症 ・からだの反射作用
カラダの表面からの刺激が体性感覚神経を介して内臓の働きやホルモン分泌などに影響を与える作用を自律神経反射の内の体性内臓反射と言います。

例えば、腹痛の時にお腹に手を当てて軽くマッサージをすると痛みが和らいで楽になった経験は誰にでもあるでしょう。これは腹部への刺激が自律神経を介して痛みを抑える働きをしたからなのです。

鍼・灸・マッサージはこの自律神経反射を利用して全身のバランス調整を行ないます。カラダがリラックスすると気持ち(こころ)にゆとりがでて本来のカラダを取り戻してきます。

自律神経 失調 症 栄養・栄養バランス
食事による栄養バランスを考えます。ミネラル、ビタミン、青汁、黒ゴマ等、心と体に良いとされるに含まれる栄養を多くとりましょう
 自律神経 失調 症 サプリメント 自律神経失調症の解決のために自律神経失調症 体験談
○急に顔が「カァ〜」と熱くなり、人前に出るのが不安でいやではありませんか?
○夜眠れない日が続き、胸をかきむしるほどの苦しみはありませんか?
○毎日が生きる気力もなく、ゆううつで身体がだるくありませんか?
○手足のしびれ、関節の痛みが始まってはいませんか?
○胃がムカムカして、食事がおいしくないのではありませんか?
○肩こり、腰痛、背痛がつらく、齢を感じませんか?
こんな状態をガマンし続けていると「うつ病でもなったら大変だ」と思いませんか?

自律神経というのはストレスにより脳内ホルモンのバランスがくずれ、心と体のバランスが崩れて心身に異常をきたしていることはいままでの説明でご理解できたことだと思います。

自律神経失調症を解決する為には脳内ホルモンを整える為の、運動、規則正しい生活、正しい栄養を取ることが解決の早道です。

脳内ホルモンバランスを整えればこのように変われます。自律神経失調症 改善

◇からだがだるく朝起きるのがつらい毎日から、すっきりとした目覚めをあなたに提供します。
◇胸を締め付けられるほどの息苦しさから、あなたを解放します。
◇急なめまい、立ちくらみ等のあなたの不安を消し去ります。
◇あなたの趣味に打ち込む明るく楽しい生活が手に入ります。
◇家族との楽しい食卓を迎えることができます。

自律神経失調症の解決の早道は心の安静と適切な栄養を取ることです。




最近では、更年期に不規則な生活、将来に対する不安、人間関係等のストレスで交感神経と副交感神経のバランスを崩し、自律神経失調症をおこしている方が多いです。

自律神経は私たちの意思で働きを調節できない神経で、心臓や胃腸、血管をはじめ全身の機能をコントロールしていますので、自律神経が不調になれば、全身にさまざまな症状が出てきます。

とくに多いのが、突然、カーッとのぼせて汗が出て、顔や胸が熱くほてり、動悸がしたり脈が早まるといった症状です。しばらくするとおさまりますが、症状がおさまったかと思うと、次々に違った症状が出ることもあります。

 いろいろな自覚症状に悩まされ、病院で検査を受けても原因となる病気は見つかりません。

また、症状は一定せず、症状の出方にも波があります。
これを「不定愁訴」といい、更年期の症状の大きな特徴といえます。

 通常、体がホルモンの変化になじむに従って、自律神経も落ち着いてくるため、これらの症状は次第におさまりますが、症状が強い場合などは症状に応じて必要な治療を行います。

<症状 >
血管運動神経系 のぼせ、ほてり、冷え、動悸、頻脈
精神神経系 頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、憂うつ感
消化器系 食欲不振、便秘、腹部膨満感
運動器官系

肩こり、腰痛、
関節痛、背筋痛

消泌尿器生殖器系 頻尿、残尿感、血尿、性器下垂感、月経異常、性欲低下、性交痛、外陰掻痒感
知覚神経系 しびれ感、知覚過敏、
蟻走感、掻痒感
消化器系 しみ、しわ、湿疹、発汗、口内乾燥、眼球乾燥、唾液分泌異常、舌痛症
ページトップへ

更年期障害 症状が強く出るのはどんなタイプの人?
更年期障害 うつ病ストレス、本人の性格や体質などが関係します。

更年期の症状の出方は個人差が大きく、まったく自覚症状がない人もいれば、あまり苦もなく乗り切ってしまう程度の軽い人、症状が重くて治療が必要な人もいます。

症状の出方や強さの違いは、次の3つの要因が複雑にからみ合って起こると考えられます。

身体的要因 エストロゲンの減少が急激な人もいれば、なだらかに下がる人も。卵巣の機能だけでなく、体の各組織の機能低下やホルモンの変調に対する適応能力の差、以前から自律神経が失調ぎみかどうかも影響。
心理的要因 きまじめで完璧主義の人やストレスに弱い人は症状が重くなりやすい。閉経を「女性でなくなる」など、マイナスイメージでとらえて、くよくよ悩んで症状を悪化させるケースも。
環境的要因 更年期は子どもの受験や子離れによる孤独感、嫁と姑の葛藤や老親の介護、夫の転勤や定年、薄れる夫婦のきずななど、いろいろな問題を抱えやすい時期。さらに、職場や親類(親の死や遺産相続の問題など)、近所の人たちとの人間関係などの環境的要因がストレスとなって症状を重くすることも。
ページトップへ

更年期障害 病院ではどのような検査や治療をするの?
詳しい問診、血中ホルモン量の検査などで診断

まず、月経の状態をはじめ、いつからどんな症状に悩まされているか、過去や現在の病歴、ストレスを招く環境などを詳しく問診。更年期障害が疑われる場合、血中ホルモン量の検査をします。

 次に婦人科検診を行い、内診で腟の様子(潤い)、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫の有無を調べ、細胞診などで子宮がん(頸がん、体がん)のチェックをします。エストロゲンの急激な減少によって閉経後、骨粗しょう症にかかる女性が非常に多いので、予防のために骨量の測定も欠かせない検査です。

また、年齢的に乳がんにも注意が必要です。自己検診は早期発見に役立ちます。日ごろから自分でしこりがないかどうか触ってチェックしておきましょう。検診を受ける際は触診以外の超音波検査、年齢によってはマンモグラフィー(X線検査)をする場合もあります。

 検査を面倒がったり、恐れる人もいますが、更年期は生活習慣病などが発症しやすい年齢ですから、全身をチェックするよい機会と考え、ぜひ検査(コレステロール値を調べる血液検査など)を受けてください。地域の検診や職場の検診を利用するのもよいでしょう。

 ほかの病気がなく、更年期障害と診断されたら、症状に応じて次のような治療を行います。 

 
薬物療法 ホルモン補充療法と漢方療法、自律神経調節剤・向精神薬の3つが中心。
カウンセリング 不安やうつ状態、不眠などが強い場合や心理的な問題が症状を悪化させている場合などは心のケアを行う。
生活改善法のアドバイス 食事療法、、音楽療法簡単な体操、など、心身ともにリラックスできる生活法などをアドバイスする。
ページトップへ

更年期障害 更年期障害に効く薬、治し方?

更年期障害 治療ホルモン補充療法と漢方薬による治療、カンセリング

近年、注目を集めているのが「ホルモン補充療法(HRT)」で、ほてりや発汗、不眠、イライラ、腟の萎縮などの症状や、骨粗鬆症、動脈硬化など、生活習慣病の予防に大きな効果があります。この治療法はホルモンの急激な下降がなだらかに行われるように、飲み薬や貼り薬で少量のホルモンを補い、体が無理なくホルモンの減少についていけるようにするのが目的です。

現在は、 更年期障害への意識がたかくなり、多くの病院で治療が受けられるようになってきました。

ですが、更年期障害を乗り切る上で問題がないわけではありません。治療法が必ずしも確立されているわけではないからです。

特に今、不安視されるのがホルモン補充療法です。

男女ともに、更年期障害の大きな要因はホルモン量の低下といわれてます。

それでは、その低下したホルモンを補充してあげれば良いとわけです。
実際にホルモン補充療法を行うと、顔のほてりや不眠など更年期障害特有の症状が大きく緩和され、さらには閉経後の女性に多く見られる骨粗しょう症の予防にも効果的なことがわかっています。

でみ、そうしたホルモン補充療法を安易に行うと、副作用として女性ならば子宮がんや乳がんを、男性ならば前立腺がんの発生を招くと疑われているといわれてます。

 米国では2002年、閉経後の女性における疾患の発症予防対策を目的に、大規模に実施されていた臨床試験のひとつ・ホルモン補充療法の試験が中止されました。

理由は、ホルモン補充療法が、乳がんや心疾患を招く可能性が高いため、とされているからです。

もちろん、ホルモン補充療法は、更年期障害の数ある治療法のひとつです。

誰にでも処方されるわけではありませんが、治療を受けるにあたっては、信頼できる医師と密に話し合い、慎重を期することが大切だと思います。

日本更年期医学会では、ホルモン補充療法のメリットを示しています。

米国での実験中止はあくまで米国女性を対象としたもので、日本女性にもあてはまるかどうかはわからないと疑問を投げかけています。

そうしていながらも、ホルモン補充療法を行うかどうかは、一人ひとりの患者に合わせて慎重に判断すべき、といわれています。

 一方、漢方療法は全身の状態を整えて、体の変調に対する調整力を高める働きなどによって、冷えや頭痛、肩こり、めまいなどの症状に効果を発揮します。ホルモン補充療法より気楽に使えるのがメリットです。

ただ、市販の漢方薬は効き目が穏やかですが、副作用が無いというわけではありません。病院の先生に指導のもとで購入したいものです。

 軽症の場合やホルモン療法に不安を持つ人は最初、症状に合わせて向精神剤(抗不安剤・抗うつ薬など)や自律神経調整剤、ビタミンE剤などを処方し、様子を見ます。 

また、カウンセリングにおける更年期障害の治療の主体は、食事療法、自律訓練法等の心理療法、日常生活のアドバイスなどによるものです。
更年期障害 更年期と間違えやすい病気
症状 考えられる病気
月経異常 子宮筋腫、甲状腺機能の異常
ほてり、のぼせ 高血圧、心臓疾患
手足や腰の冷え 貧血、低血圧、心臓病、ノイローゼ
動悸、息切れ 

貧血、肥満、狭心症、心筋梗塞

頭痛、頭が重い 目、鼻、耳、歯、甲状腺の病気、くも膜下出血、脳腫瘍、高血圧、肩こり
疲労感、倦怠感 貧血、内臓の病気
手足のしびれ  頸椎や腰椎の変形、慢性関節リウマチ
耳鳴り メニエール病、中耳炎、腎臓病の薬の副作用
めまい メニエール病、内耳の病気、高血圧、脳腫瘍
頻尿、残尿感 膀胱炎
むくみ 心臓病、腎臓病
ページトップへ

更年期障害更年期を乗り切るために
更年期 外来
更年期障害 食生活を注意しよう

肥満、高脂血症、骨粗鬆症を予防する食事を
栄養バランスのよい食生活が基本ですが、とくに注意したいのが肥満です。

更年期になると、基礎代謝量(何も活動しなくても消費されるエネルギー)が減少するうえ、どうしても運動不足気味になり、若いころと同じ量を食べていると太ってしまいます。また、コレステロールの増加を抑制する作用のあるエストロゲンが減少するため、血液中のコレステロールが急増します。

エストロゲンには骨量を維持する働きもあるため、不足すると骨粗鬆症になる危険があります。

 これらを予防するためには、
・肥満の原因となる脂肪分の摂取をできるだけ控える。
・コレステロールを多く含む動物性油脂を控える。
・コレステロールを減らす「不飽和脂肪酸」を含む植物油や魚を多めに摂る。

 カルシウムを多く含む食品を意識して摂る。
・カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食品をカルシウムと一緒に摂取する。
・その他、たばこは老化を早め、動脈硬化の原因になるので禁煙をおすすめします。

男 更年期障害※更年期を乗り切るために心がけることは?
自分をほめ、プラス志向で楽しく過ごそう

更年期障害適度な運動がとても大切

更年期を乗り切るのに運動はとても効果的です。肩こりやひざの痛み、便秘や動悸、息切れなどの症状の改善や肥満、骨粗鬆症の予防だけでなく、抑うつ気分や不安など、心理面への効果も大です。

ウォーキングや水泳、水中エクササイズ、自転車こぎ、エアロビクスダンス、ヨーガなど、自分に合った運動を選び、“継続は力なり”ですから、無理のない程度に毎日続けるようにしましょう。

テレビを見ながらや布団の中で、体を思い切り伸ばしたり、横になって意識的に全身の力を抜くなど、簡単なことでもリラックス効果があります。

更年期障害自分の世界、趣味を持とう。

夫や子どものことから離れた自分自身の世界を持つことはとても大切です。
音楽演奏や書道、絵画、粘土細工などの創作的活動は五感を刺激して、ストレスや疲労回復に効果的。また、友だちとのおしゃべりやボランティアなどの社会参加、生涯学習のための通信教育などを生活に取り入れるのもおすすめです。

更年期障害更年期を乗り切るには、性生活も重要な要素。

更年期には腟に潤いが少なくなるため、性交痛を感じる女性が増えます。

そのため、セックスが味気ないものになりがちですが、男性主導型のこれまでの性への思い込みを捨てましょう。相手にしてほしいこと、嫌なことを伝え合い、お互いを思いやる性生活を送ってください。

男性との性交=性器の結合という思い込みを改め、触れ合い、抱き合うだけでも性を楽しむことは十分できると思います。閉経前には排卵の時期も不規則になりますから、それぞれに合った避妊をすることも大切です。

更年期障害自分を犠牲にしてがんばりすぎるのはやめましょう男性 更年期
更年期障害を訴える人はどちらかというと生真面目で、自分を犠牲にしてでも家族や周囲の人のためにがんばってしまう人が多いようです。他人より自分を大切にしてがんばりすぎるのはやめましょう。部屋の整理や料理、仕事、自分の顔、姿など、自分のよいところを見つけて「よくやった! 偉い!」と自分をほめましょう。

ホルモン補充療法を受ける場合の男女の注意事項
更年期障害 男男性 前立腺がんの検診を年1回受ける必要がある。


女性
次の人は決して受けてはいけない。
・乳がん、子宮がん患者と既往者
・血栓症、塞栓症の既往のある人
・心不全、腎不全、肝疾患により水貯留のある人                      ページトップへ
・肝機能障害のある人

次の人は、受けないほうが望ましい。
・子宮筋腫、子宮内膜症の人
・高血圧の人
・インシュリンを必要とする糖尿病の人
ページトップへ

今すぐ無料電話でお気軽にご注文下さい。    あなたの健康はあなた自身の決断で決まる。
あなたの健康に菊芋エキス 菊芋屋TOPへ  0120−1024−41 

                      注文はこちら ご注文はこちら 注文はこちら